【ゴールデンウィーク】早わかりカレンダー

休日・連休
気になる年をクリック

ゴールデンウィーク2019カレンダー

カレンダー
カレンダー

2019年のGWは10連休

2019年のゴールデンウィークはカレンダー通りなら、4月27日(土)~5月6日(月)の「10日間」です。

5月1日(水)が「天皇の即位の日」で祝日扱いとなるため、祝日の間に挟まれた形になっている4月30日(火)と5月2日(木)も「休日」になります。

なお、大型連休が確定していますので、海外日本問わず旅行される方が増える見込みです。そのため、旅行の計画は早めに立てておくのが無難です。

ちなみに2019年は、お盆休み年末年始休みも9連休という長い休みになるため、旅行三昧となる方も多そうです。

ゴールデンウィーク2020カレンダー

カレンダー
カレンダー

2020年のGWは5連休

2020年のゴールデンウィークはカレンダー通りであれば、5月2日(土)~5月6日(水)の「5日間」です。

2019年は「天皇の即位の日」の影響で10連休だったので、それから比べると物足りなく感じられます。

しかし、大型連休には代わりないため、海外日本問わず旅行される方が多くなるはず。予約が埋まってしまうのは避けたいので、早めに計画しておきましょう。

ゴールデンウィーク2021カレンダー

カレンダー
カレンダー

2021年のGWは5連休

2021年のゴールデンウィークはカレンダー通りであれば、5月1日(土)~5月5日(水)の「5日間」です。

しかし、4月29日の「昭和の日」が木曜のため、翌日出勤しても「行って来い」となります。

したがって、4月30日もお休みにしてしまう会社も増えるのではないでしょうか。そうなればゴールデンウィークは「7連休」です。

次の連休もチェック